世界のことを知りたい

読書習慣を付けたい。…マンガも本だよね?…バナナはおやつだよね?

傷をより早く、痛くなく、綺麗に治す「湿潤療法」への誘い『傷はぜったい消毒するな』

少し前に話題になったような気がする、傷を湿潤療法で治すという治療法。それを広めている方の本。この治療法の影響で、最近では「キズパワーパッド」という絆創膏が売れているようです。

今まで傷の治療法では傷口を消毒し、ガーゼで乾かすというものでしたが、この湿潤療法では傷口は消毒せず、乾かさない。そうすると、傷が痛くないし、早く治るし、綺麗に治ると良いことずくめ。この方法を取り入れない理由がありません。ただ一応書いておくと、この本では湿潤療法のデメリットが書かれていません。なので一抹の不安が残りますが、この治療法の根拠を聞くと正しそうに感じられます。

消毒液を使うと細菌だけではなくヒトのタンパク質も壊してしまう。その上、細菌は細胞壁があるためヒトの細胞よりも消毒液に強い。つまり消毒薬は細菌よりもヒトへの影響の方が大きい。ガーゼについては、乾燥させると細菌が死亡するのでその為に使っているようです。ですが、ヒトの細胞も乾燥には弱く、ガーゼの乾燥は細菌と同時にヒトへも悪影響があるということです。

思えば子供の頃、傷口を消毒するのが嫌でした。消毒は痛いからです。「怪我をして痛いのに、何でそこに消毒薬で追い打ちを掛けなければならないんだ」と私はその痛さを避け、ほとんど消毒をしていなかったのですが、どうやら正解だったようです。

この消毒とガーゼという治療法は、医師も含めみんながあまり疑問を抱かずに盲信して使っている古い治療法であって、そろそろパラダイムシフトが起きてもいいと書かれています。この治療法は大きな火傷などに対して、これまでの治療法では大きな痛みを我慢しなければならなかった傷にはとても効果があるようです。大きな火傷などでもこの湿潤療法だと痛みがないようです。

また、この本ではカサブタについても誤解していると書かれています。

傷がカサブタで覆われた場合は、カサブタには吸水力がなく、しかも滲出液を外に逃がす機能もないため、カサブタの下に溜まった滲出液は絶好の感染源になる。カサブタがある傷が時に化膿するのはこのためである。

確かに傷がカサブタになるとその下で傷が治っているような印象がありましたが、実際は細菌の感染源になっているだけのようです。カサブタを溶かし取り、滲出液(傷の表面から出てくる液体)を吸水した方が良いとのことです。

他にも基剤については勉強になりました。クリームが基剤になっているものは傷に使ってはいけないようです。つまり、傷に塗る軟膏には色つきのものはダメ。今まで傷には白色のクリーム状の軟膏を使っていたような気がします。

さらに、アトピーにも湿潤療法が効くようです。白色ワセリンを1日に数回塗って皮膚を乾燥させないようにすると治るとのことです。

自分で傷の湿潤治療を行うには

さて、それでは実際に湿潤療法を使ってどうやって傷を治療すればいいのでしょうか。まずは傷口の出血を止め、傷口を水で洗い、白色ワセリンを塗り、滲出液を吸い取れる「プラスモイスト」やハイドロコロイド被覆材で傷口を覆うだけ

「プラスモイスト」はこの著者が開発したもの。この他にも傷口を覆うのはハイドロコロイド被覆材でも問題なく、これは「キズパワーパッド」という絆創膏もこの素材を使っているとのこと。ハイドロコロイドでは白色ワセリンが要らないようです。

プラスモイストP3 (3枚入)

優肌絆 肌にやさしいテープ プラスチック 太幅 25mm*4.5m

「プラスモイスト」はいくつか種類があるのですが、「P」が家庭用で様々な傷に対して万能な感じです。詳しくは著者のサイトに書いてあります。

なお「プラスモイスト」は単なる被覆材なので、固定するためのテープなども必要です。
BAND-AID(バンドエイド) キズパワーパッド ふつうサイズ 10枚

ちょっと価格が高めですが、キズパワーパッドがこれまで使っていた絆創膏と同じ感覚で使える湿潤療法の商品です。

これらの被覆材がない場合、ラップでも良いらしいです。プラスモイストやハイドロコロイドは1日に1回交換。ラップは1日に数回。「キズパワーパッド」などの商品の説明には傷に貼ったまま数日間そのままにすると書いてあるようですが、著者は「それを信用せずに1日に1回交換した方が良いだろう」という意見です。

著者自らがこの治療方法を広めるために公開しているサイトがあるので、詳しくはそちらでどうぞ。

この本で湿潤療法の情報を得て、さっそく将来の傷に備えていくつかアイテムを買ってみました。私は「プラスモイスト」を買わずにハイドロコロイドのものを買ってみました。「プラスモイスト」を販売している「瑞光メディカル」の商品なので、著者も絡んでいる商品でしょう。

ズイコウ ハイドロコロイド包帯 大きめロール 10cm幅×40cm巻

ワセリンHGチューブ 60G

この「ズイコウ ハイドロコロイド包帯」は粘着するので「プラスモイスト」と違ってテープが要らず楽そうです。大きな布を切って使うようなタイプのものではさみが要りますが、形が決まっている絆創膏型のものとは違って傷の形に対して柔軟です。

それに白色ワセリンを買ってみました。ハイドロコロイド被覆材を使用するときには白色ワセリンは要りませんが、これがあれば乾燥させないことができてちょっとした傷に使えそうです。それに肌がちょっとかさかさしているところがあるので塗ってみたいと思います。ワセリンはチューブ型にしてみました。円筒型のケースに入っているものよりも衛生的なはずです。

これで湿潤療法の準備はできました。後は傷を作るだけ…。いや、怪我とかはしない方が良いのですが、治療するのがちょっと楽しみではあります。