世界のことを知りたい

読書習慣を付けたい。…マンガも本だよね?…バナナはおやつだよね?

ニコンで撮る写真は本当に黄色いのか

カメラを買うときにはやはりニコンとキャノンは第一候補となります。カメラ市場ではキャノンとニコンのシェアが大きいのです。

同じ価格帯のデジタル一眼レフを比べると、キャノンよりもニコンの方がカメラ自体の性能は高いです。なので私は初めて買う一眼レフとしてニコンの一眼レフにしようと思っていたのですが、ニコンを調べたら「黄色」というキーワードに出会ってしまいました。

ニコンのデジカメで撮られた写真は黄色くなるという話があるようです。そんなことが本当にあるのでしょうか。こちらのブログの記事が分かりやすいです。

ニコンからキヤノンへ乗り換えた理由 | Planet Blue

D7000とレンズを売却して、完全にキヤノンに乗り換えたので、ニコンからキヤノンへ乗り換えた理由を書いてみようかなと。 ニコンユーザーの方は読まない方が良いですよ。

乗り換えた理由の結論から書いてしまうと「色」です。 一言で言って黄色い。
と言っても、今まで使っていたD7000は黄色くはありませんでした。 たまに、「D7000 黄色」などの検索ワードでアクセスする人がいたり、 「D7000でも黄色味を感じてキヤノンに乗り換えた」といった話があるのは少し驚きがある。 私はむしろD7000はマゼンタ傾向だと感じていたからで す。 でもそれは、私がRAWで撮影してLightroomのAdobe Standardで現像するのがデフォルトだったからかも知れません。 Jpeg撮って出しや純正のRAWソフトで現像すると黄色いのかもしれない。  D7000でも黄色味を感じている人には、追加費用は必要になりますがLightroomでの現像をお勧めしておきたいところです。 ちなみにD90の時 には、Lightroom現像でも黄色くて色温度を下げただけでは補正しきれず、各色の色相にまで手を入れて補正をしていました。

私がニコンのカメラで黄色くないと感じるのはD7000とD5100(D7000と同じセンサー)のみです。 その他のニコンのカメラ、ニコンのセ ンサーがCCDからCMOSに切り替わったD3、D300から最新のD4、D800、D600までのデジタル一眼レフ、Nikon 1シリーズ、Coolpix P7000シリーズやP300シリーズなどのコンデジも含めて、程度の差はあるものの全て黄色く見えます。

こちらの方はニコンの色が黄色いため、ニコンのカメラやレンズを売ってキャノンに乗り換えたようです。

写真を見比べてみよう

下のサイトでは写真を載せて比較しています。大変分かりやすいです。

Camera Calibration | CDTobie's Photo Blog

このサイトに載っている写真を見てみましょう。同じ場面で Canon 5D Mark lll、Nikon D800 の二つのカメラで撮影した写真です。

f:id:arityk:20160628201712j:plain

f:id:arityk:20160628201800j:plain

見比べて明らかですが、2つの写真のうち始めの方が Canon 5D Mark lll、後が Nikon D800。確かに Nikon が黄色いです。Canon は赤がちょっと強く出ています。

紹介した2つのサイトの記事は2012年に書かれたもので、今も果たしてニコンが黄色いのかは確かめねばなりません。

これをするためには DPReview というサイトのサンプル写真が助かります。ここで狙っているニコンのカメラの型番を検索して、写真を見てみましょう。

私の場合「D5500」。サンプル写真を見てみますと、やはりちょっと黄色っぽい。では Canon はどうか。「700D」と入れると「EOS Kiss X7i」の写真を見られます。EOS Kiss シリーズは海外では名前が単に三桁の数字になっているようです。

Nikon の他のカメラの写真を見ても、やはりちょっと黄色っぽいように思います。つまり Nikon は今でも色がちょっと黄色い。

Nikon も写真が黄色くなっているのを認めています。

ニコンを極める - vol.20 さまざまなシーンから検証する、Nikon D4Sの実力。 | ニコンイメージング

これまで長くニコンのカメラを使ってきましたが、ずっと肌色の色合いが気になっていました。ですが今回D4SをAWBで撮影してみて、その肌色がずいぶんと美しくなっていることに驚かされました。

私がデジタルカメラに期待しているのは、当たり前のようですが、AWBで「空が青く写る」「健康的な肌色が出る」「白が白に写る」といった基本的なことです。この基本性能がしっかりしていれば、フォトグラファーは撮影により多くの神経を使うことができ、シャッターチャンスを逃さずにすみます。まさに、 D4Sは「撮影だけに集中できる」カメラにかなり近づいたと思います。

f:id:arityk:20160628204038j:plain

あと、こちらのサイトも参考になります。

Nikon D800 vs Canon EOS 5D MarkIII ポートレート対決!(その3・定常光A) | araichuu.com

こちらのサイトに載っている画像をちょっと引用させて頂きます。見やすいように並べてみました。

f:id:arityk:20160628211948j:plain

パッと見て明らかですね。左が Nikon D800 で、右が Canon EOS 5D Mark III。

Canon は記憶色、Nikon は記録色

黄色になる話は置いておいて、DPReview でいくつか写真を見ますと、よく言われる「Canon の色は記憶色で、Nikon は記録色」というのはうまく言い表してるように思います。Canon の方がビビッドで綺麗に感じられる色で、現実に忠実な色を再現する Nikon は確かにインパクトは弱いかもしれません。

このあたりはこれは好みですね。ビビッドに色が出てしまうのがマイナスに働くこともあるでしょう。

私は Canon を選んだ

Canon と Nikon のどちらにしようかと悩んだのですが、Nikon の色が黄色いことが大きなマイナスでした。カメラの性能は Nikon の方が Canon より良いと思うのですが、撮った写真が黄色いのは修正するのが大変です。

サンプル写真を見ると空の色もちょっと黄色っぽく出ており、これはちょっと気がかりです。肌の色も Nikon の方が濃く出てしまいます。

またプロのカメラマンの方が言っていた「Canon の方が色が安定している」という言葉はなるほどなと感じました。Nikon でも黄色っぽく色が出ないこともあるでしょう。ですが、撮った写真が黄色っぽくないかどうかをいつも気にしながら撮影するのは嫌です。Canon も紫っぽい色が出ることがあるようなのですが。

なお、ヤマダ電機にカメラの相談に行ったのですが、フォトマスターの資格を持つ店員さんとお話しできました。この方とニコンの黄色の話をしたところ、店員さんは黄色くなることを知らなかったのですが、良い情報を得ることができました。

店員さんによると「Canon は日本で、Nikon は海外の方が売れている」らしいです。ここで、どこかでちらっと見かけた「海外では白人の白い肌を撮影するためニコンで撮影する肌の色の濃さが気にならず、黄色人種である日本は肌の色が濃く出てしまうのでニコンを避ける傾向にある」ということが結びつきました

実際にグラビアやモデルの撮影では Canon で撮影した色の方が好まれるようです。つまり日本人を撮る限り、Canon の色の方が良さそうです。私はビビッドな色の方が好きですし。

Nikon も色については修正してくるでしょうし、今後はどうなるか分かりませんが、現段階では私はちょっと黄色っぽく感じます。ということで、Nikon のカメラの性能に惹かれつつも、私は初めての一眼レフに Canon を選びました。