読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のことを知りたい

読書習慣を付けたい。…マンガも本だよね?…バナナはおやつだよね?

麻枝准さんのファンは意外と利己的で冷たいな…

日常・いろいろ

f:id:arityk:20160729114117j:plain

麻枝 准(@jun_tenhou)さん | Twitter

麻枝准さんというと Key のシナリオライターで作曲家の方なのですが、突発性拡張型心筋症で心臓移植が必要なようです。

私は Key の作品が好きで、Kanon、AIR なんて今でもシナリオを思い出せます。サウンドトラックも持っていて、以前 Kanon や AIR の曲をよく聴いていました。ONE も良かったです。

最近はビジュアルノベルゲームから遠ざかっていて、Key や麻枝准さんの最近の動向は全然分からないんですけどね。

麻枝准さんの現状

病院って精神的に疲れます。煩わしいと感じるのはよく分かります。

麻枝さんは今年の2月終わりあたりに入院したようで、退院が7月始め。病名は「突発性拡張型心筋症」。今のところ治療法は心臓移植しかなく、5年生存率が76%らしい。

心筋症 - Wikipedia

拡張型心筋症 (DCM)

薬の組み合わせにより進行を遅らせることが可能である。しかし、代償が破綻し末期重症心不全になると有効な治療薬はなく心臓移植を必要とする。女性より男性のほうが重篤な傾向がみられる。

... 診断されてからの5年生存率は54%、10年生存率は36%とされていたが、最近では治療の進歩により5年生存率は76%と向上している[4]。しかし突然死もまれではない。激しい運動は心臓に大きな負担を強いることとなり、急な心臓発作を起こす可能性があるため避けるべきとされている。

人工心臓にする手もあるようです。

ファンが意外と冷たい

このような状況なのですが麻枝さんのツイートに対しての返答にちょっと眉をひそめてしまいます。

うーん。重篤な病気だと分かって落ち込んでいる人に、「次の作品お願いします。生きて下さい」はちょっと利己心を感じてしまいます

麻枝さんに生きていて欲しいというよりも「自分が麻枝さんの作品を楽しみたい」という心が先立っています。気持ちは分からなくはないのですが、今掛ける言葉としてはチョイスが悪い。病人に対して「働けー!」に聞こえなくもないです。

私は麻枝准さんの人となりを知らないので、こういうコメントで癒やされるか分かりません。麻枝さんが「次の作品を頑張って作らないとな」と感じてくれるのか、それとも「自分のことよりも作品の方が大事かー」と感じてしまうのか。

「奇跡がありますから頑張りましょう」のようなコメントもどうなんでしょうね。

麻枝さん自身がシナリオで「奇跡」を扱ってきたのでこのようなコメントを貰うのだと思いますが、「奇跡まかせ」なので私としては冷たい言葉に感じます

Key のゲームのシナリオは「泣きゲー」や「タナゲー」と言われていて心温まる話なので、ファンの人も優しい人が多いと思っていたのですが意外と利己的で冷たい

でも、どういう言葉を掛けたらいいのか。考えようによっては「頑張って下さい」も他人事に響く。突き詰めると結局は他人事なのでしょうけど。難しいです。ただ私なら次の作品のことは言いません。

手術代が高いなら寄付を集めたりはできないのでしょうかね? 私も微力ながら協力できます。でも会社がお金を出してくれるか。

中には熱いコメントも

Twitter には色々な人がいて悪い面をピックアップすれば上のようになってしまうのですが、中にはこんな人も。

「心臓差し上げます」にはどう反応したらいいのか分かりません。有り難い申し出でしょうが、心臓を提供した人がどうなるのかを考えると…。

同じ病気の人の情報は助かりますね。こういう制度があるとか、お金がこれくらい掛かるとかを知ることができると役立ちます。

麻枝さんのツイートが泣ける

「心臓移植が必要」というツイートをしてたくさんのコメントを貰った後、麻枝さんのツイートはこれ。

泣ける…。「死ぬまでにはまだ時間があるので、あなた方のためにたくさん作品作っておきますね」。これでいいのか。「次の作品お願いします」とコメントした人は満足でしょうが…。

もっと自分の欲を出してもいいんじゃないでしょうか。私の場合、「他人の思いに応えること」が「生きたい」という気持ちに繋がらないです。利他が喜びという人もいると思いますが、本当にそれで大丈夫かなと感じてしまいます。奴隷的に利用されてしまいそう。

「私のために生きて」という類いのコメントは恋人とかじゃないと厳しいです。Twitter 上の見知らぬ人から「(次の作品を楽しみたいから)私のために生きて」だと「なんでお前のために?」という思いが頭をよぎります。