世界のことを知りたい

読書習慣を付けたい。…マンガも本だよね?…バナナはおやつだよね?

三脚が意外に高くて手が出せない? そんな時にはAmazonベーシックの製品を

カメラでの撮影にはやっぱり三脚があった方がいいなぁと思い、三脚を買おうと Amazon でいろいろとチェックしていたのですが、三脚の値段が高くて驚きです。

高い!

三脚は主にアルミとカーボンの二種類があるのですが、カーボンの方が軽くて丈夫で振動が伝わりにくい。「じゃあカーボンの方が良いよね」となるのですが、最安で価格が2万から…。高い三脚になると10万円以上。すごい世界です。

特にお高いものを除いて、カーボン三脚を選びたいなら最低4万円くらいは必要でしょうか。

三脚はもっと安いものかと思っていました。2万円くらいで結構良い三脚が買えるものかと…。カメラより三脚の方が高い。


GITZO 三脚 トラベラー 1型 カーボン 4段 QDボール雲台キット GK1545T-82TQD

上の GITZO というブランドの三脚は14万ほど。色々と機能があって良さそうなのですが、この価格なら他のものを買いたくなってしまいます。

撮影に三脚が大事なのは分かるのですが、この価格となるとブランド価値が付加されているような気がします。本当にその価格の価値があるのでしょうか。高すぎて手が出ません。

少し低いのが不思議

ところで、三脚を色々とみていると、三脚の高さ(全伸高)が低いことに気付きます。小さいものは130cmとかです。この高さで十分なのでしょうか。

立っている自分の目線までカメラのディスプレイかファインダーの位置が来て欲しいので、自分の身長マイナス10cm、さらにそこからカメラの高さマイナス10cmくらいの全高が欲しいです。

つまり三脚の全伸高+20cm が180cm になるくらいが嬉しいということです。となると全伸高が 160cm くらいは欲しい。

三脚を使っている人を見るとカメラを見るために少しかがんでいる人がよくいます。腰に悪そうな姿勢です。少し低い位置からの撮影を狙っているときもあるでしょうが、三脚の高さが足りていない人もいるでしょう。

全体的に三脚の高さが低いのが不思議です。

Amazon ベーシックという手

カメラ関係のものにも Amazon ベーシックの製品があります。Amazon ベーシックは Amazon グループの製品で、ほとんどがお安く、その価格にしては高品質なものになっています。


Amazonベーシック 軽量三脚 150cm 3段 中型 3WAY雲台 アルミ(キャリングバッグ付)

「三脚高いなー(ノД`)」と思っていたところに現れた救世主です。注文してみました。

よくタイムセールの対象商品になっていて 2500円ほどながら、全伸高 158cm、 耐荷重が2.9kg、水平器2つ、キャリングケース付き、1年保証。2500円でこれだけのものは他にないです。安い!

重りも付けられるようになっています。レビューを読むと水平方向の動きがちょっと固いようですが、この性能の三脚を Amazon ベーシック以外のブランドで買うと 5000~10000円くらいします。

この安い三脚で取りあえず三脚がどんなものかを知ってみたいと思います。今後高い三脚を買うにしても、この三脚のどこが不便でどんな機能があると便利なのかを知ることができます。

2500円なら失敗しても痛くないです。Amazon ベーシックさん、有り難う!

追記

届いたのでレビューをしました。