読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のことを知りたい

読書習慣を付けたい。…マンガも本だよね?…バナナはおやつだよね?

データ通信用SIMはDMM Mobileのパッケージ版が一番お勧め。DMMを選べば安くて身軽

スマートフォン・タブレット Web・インターネット

MVNO(格安SIM)というと色々と選択肢がありますが、私は DMM をお勧めします。私も今のところ DMM のSIMを使っています。

なぜ色々ある MVNO(MVNE)の中から DMM を選ぶのかというと、

  1. 安い
  2. 安いから解約しやすい
  3. 速度がなかなか安定している
  4. サービスもなかなか安定している

という理由からです。

安い

多くの MVNO は契約時に手数料が掛かります。大抵3000円+税。しかしパッケージ版の DMM Mobile は中にSIMカードが入っていて、その契約手数料をパッケージ代として支払えるので普通に契約するより安くすむのです

f:id:arityk:20160929205302j:plain

DMM Mobile のパッケージ版。

DMM Mobile のパッケージ版は Amazon で500円くらいです。パッケージ版では料金に契約手数料が含まれているので、つまり契約手数料が500円くらいなのです。


【Amazon.co.jp限定】 [iPhone5~7 / Galaxy S6 / Xperia Z3~Z5 他対応] DMM mobile SIMカード データ通信専用 nanoSIM 月額440円~ DDN001

Amazon では配達までに1~2ヶ月待ちの時がありますが、私がその状態のときに買ったら数日で届きました。

お安い。他の MVNO/MVNE では契約手数料が3000円です。その金額で DMM なら数ヶ月分データ通信が出来ます。

DMM は今のところ、月1GB の高速通信で480円です。1GB を使い切ったら低速通信になりますが、そのまま低速で良ければ追加料金なしにずっと使えます。もっとデータ通信量が欲しいときも、プランを比較すると他のSIMと比べて少し安いはずです。

DMM は他の会社のSIMの契約手数料と比べると「3000 - 500 = 2500円」くらいの差があり、この2500円で DMM なら月1GBを5ヶ月使えます

これを考えると DMM がいかに安く使い始められるか分かるはずです。

安いから解約しやすい

安いから解約しやすいというのは大きなメリットです。契約手数料が高いと心理的に解約しにくいのです。

今後、DMM よりも魅力的な MVNO が登場することもあると思います。そんなときのために、安く契約できて、さくっと解約できる DMM を選んでおけばとても身軽です

DMM のデータ通信用のSIMは最低利用期間は1ヶ月です。多くの格安SIMもデータ通信用ならそのくらいの期間です。

ただし音声SIMの場合は多くの会社で12ヶ月の最低利用期間があるため、身軽さから言えばそんなに差はありません。でも DMM は音声SIMであっても契約手数料が500円くらいです


【Amazon.co.jp限定】[端末セット申込み対応] DMM mobile SIMカード 音声通話+データ通信SIM(nano、micro、標準) 月額1,140円~ DVV001

ちなみに音声通話をしたい場合で、かつすぐにどこかに MNP するかもしれないときは OCN が狙い目かもしれません。ここは最低利用期間が6ヶ月です。たぶん一番身軽です。

DMM Mobile の利用料金の10%がポイントでもらえる

これは DMM で何かを買ったりしている人でないと関係ないかもしれませんが、DMM で使えるポイントを利用料金の10%分もらえます。

例えばデータ通信の月1GBの場合、51ポイント(51円分)くらいを貰えます。DMM で何かを買う時の足しになります。

動画を買う人や「艦これ -艦隊これくしょん-」などのオンラインゲームをDMMでプレイしている人は嬉しいでしょう。

速度がなかなか安定している

DMM は各会社のデータ通信速度を比べたランキングでいつもなかなかの順位にいます。つまりすごく遅くはならないし、すごく早くもならない。非常に安定しています。

サービスもなかなか安定している

高速通信と低速通信をアプリからボタン一つで切り替えられます。便利です。メールとか LINE とかでのテキストデータなら低速通信で十分です。

通話となるとちょっと厳しいかもしれません。そういうときは高速通信に切り替えればOK。

DMM の低速通信はデータ使用量として計算されないので、高速通信が必要なとき以外は低速にしておくという手もあります

また、DMM は競争力のある価格設定をしており、他の会社のSIMと比べても少し安くなっています。他にもっと安いSIMが現れればたぶん価格を下げてくれます。

導入も簡単

DMM のパッケージ版を買ったらまずはDMMのサイトで契約をします。手順は紙に書かれています。

f:id:arityk:20160929212250j:plain

ネットにある程度慣れていればものすごく簡単です。

DMM で契約・支払いが終わると数分で SIM カードが使えるようになります。

f:id:arityk:20160929212613j:plain

SIMカードをプレートから外し、スマホに入れます。たぶん多くのスマホでは SIM を入れただけでは認識せず、一回再起動が必要です。

その後 APN の設定をするのですが、前に比べて設定がすごく楽になりました。アドレスが「dmm.com」で、これを入力するだけで終わり。

以前はユーザー名やパスワードを入れましたが、今はもうそれが必要ないようにしたようです。

設定がすごく楽でした。私は1分くらいで終えました。

パッケージ版の注意点

DMM に限らず、パッケージ版のSIMには契約の期限があります。

f:id:arityk:20160929213019j:plain

私が買った DMM Mobile のパッケージ版(2016/9 購入)では、契約期限が 2017/4/30 になっていました。結構期間が長いですが、忘れないようにしておきましょう。


【Amazon.co.jp限定】 [iPhone5~7 / Galaxy S6 / Xperia Z3~Z5 他対応] DMM mobile SIMカード データ通信専用 nanoSIM 月額440円~ DDN001