読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のことを知りたい

読書習慣を付けたい。…マンガも本だよね?…バナナはおやつだよね?

電子書籍と写真集は相性がいい。以前よりも写真集が身近になった

本・マンガ カメラ デザイン

f:id:arityk:20161217225214j:plain

電子書籍が登場してからというもの、たくさんの電子書籍を買っています。

電子書籍は本を印刷する必要が無く、配達する必要も無く、自宅のどこかに置いておく必要もありません。環境に優しい。素晴らしい。

今では電子書籍を何百冊も持っているわけですが、部屋の本棚は空いたまま。整理する必要がありません。

電子書籍は線を引けるのも良いです。実際の本では線を引くのをちょっとためらってしまうこともありますが、電子書籍ならためらいがありません。線を引き直すこともできますしね。

電子書籍が登場して本当に良かった。

持っているのを見られるとまずい本が買える

特に嬉しいのは持っているのを見られるとまずい本を部屋に置かなくて良いということ

エロ本とか、特殊な趣味の雑誌とか、さらには写真集も。

電子書籍が生まれる前は、私には写真集を買うなんてとんでもないことでした。家族や友人に見られるのは困ります。

「へー、そういう趣味なんだ…」

という視線を感じてしまいます。エロいものは家族に見られると気まずいですし。

そんな私が電子書籍では写真集をちょこちょこ買っています。写真集をPCや端末の中に隠しておけるから非常に助かります。

電子書籍はよくセールが行われているため、その時に写真集も安くなります。写真集はちょっと高くて手を出しにくいのでありがたいです。

ちなみに私が初めて買った写真集は佐々木希さんの写真集。もちろん電子書籍でございます。


佐々木希写真集 「ささきき」

私も密かに「佐々木希」を「ささきき」と読んでいたので写真集のタイトルに笑いながら買いました。みんなそう読んでいるんですね。

そして今日もまた写真集を買ってしまいました。


佐々木希 「かくしごと」【電子版限定カット「かくしどり」収録】

半額はうれしい。電子書籍ではカラー印刷や輸送をしなくていいわけですので、本当はもっと安くならなければおかしいような気がするものの、手を出しやすい価格です。

言い忘れましたが、私が写真集を買うのはカメラで写真を撮るときの参考になるからですよ。デザインの参考にもなりますし…!

ほ、本当だってば!