世界のことを知りたい

読書習慣を付けたい。…マンガも本だよね?…バナナはおやつだよね?

プロのピアニストは演奏中に何処を見ているのか?

個人的に疑問に思っていたのでとても参考になりました。

私はピアノを弾くのがヘタで、いつも手元ばかりを見ているのですが、難しい曲になってくると両手の位置が遠く離れることがあります。

その時、私は片方の手にしか目を集中することができません。手を両方を見ることがうまくできないのです。ここを抜けられればもう少しピアノがうまくなるんだろうなと思っていました。

プロは両手の位置が離れていくときに、鍵盤を押す位置をどうやって把握しているんだろうか。

しかし、プロは両手を見ない。それがこの動画で分かりました。


What Does a Pianist See? | Eye Tracking - Episode 1

プロとアマの目の動きをトラッキングして比較してくれています。

プロの動きは、手元を見ず、手が行く先を見たりして現在の手の位置は見ていません。おそらく体に鍵盤の位置が身についているのでしょう。指も見ませんしね。

アマチュアの人の目の動きは私と似ています。

特に楽譜を見ながら演奏するときはそのまんま。プロは楽譜だけを見てピアノを弾けるのですが、鍵盤の位置が分からない私やこの動画のアマチュアの人は、手の位置を確認しなくてはなりません。

これは大きな差になりますね。どうやったらこのプロの境地まで辿り着けるのでしょう。

かつてヴィルヘルム・ケンプのピアノ演奏を見ましたが、鍵盤をほとんど見ていませんでした。目を閉じたり、ピアノの向こうを見ていました。やはりプロは鍵盤の位置が感覚的に分かっているのですね。良い能力だなぁ。欲しい。

プロは鍵盤のサイズを変更した場合に目の動きはどうなるんでしょうね。ピアノによっては鍵盤の幅が違うので、さすがにその時は手元を見ながら演奏するのでしょうか。