世界のことを知りたい

読書習慣を付けたい。…マンガも本だよね?…バナナはおやつだよね?

Kindle書籍: 大きめのセール開催中「ニコカド祭りフライングしちゃいました!」「幻冬舎 電本フェス」

最近は Kindle 書籍にはあまり大規模のセールが来ないのですが、ちょっと大きめのキャンペーンが始まりました。

【最大70%OFF】ニコカド祭りフライングしちゃいました!

【最大50%OFF】幻冬舎 電本フェス

f:id:arityk:20170919085110j:plain

他にも色々と細かなセールは行われているのですが、上の二つは大きめのセールです。「ニコカド祭り」では12000冊以上がセール対象です。

セールはどちらも 9/28 まで。


蜜蜂と遠雷 (幻冬舎単行本) ¥1,944 → ¥778 (ポイント:9pt [1%])



多動力 (NewsPicks Book) ¥1,512 → ¥718 (ポイント:7pt [0%])



死ぬほど読書 (幻冬舎新書) ¥842 → ¥400



有頂天家族 (幻冬舎文庫) ¥741 → ¥324 (ポイント:3pt [0%])



有頂天家族 二代目の帰朝 (幻冬舎文庫) ¥832 → ¥395



運を支配する (幻冬舎新書) ¥864 → ¥410



新ゴーマニズム宣言SPECIAL 靖國論 (幻冬舎単行本) ¥1,296 → ¥518



もっと、やめてみた。 「こうあるべき」に囚われなくなる 暮らし方・考え方 (幻冬舎単行本) ¥1,080 → ¥432



この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫) ¥596 → ¥288



[まとめ買い] 交響詩篇エウレカセブン(角川コミックス・エース) ¥1,746



[まとめ買い] バケモノの子(角川コミックス・エース) ¥1,499

モニター用のスピーカーよりもヘッドフォンを買った方が良いのだろうか…

作曲(ミックス)する際には音を細かく聞かせてくれるスピーカーやヘッドフォンが必要になります。

私は以前書いたとおり JBL LSR305 を使っていますが、もう少し良いものにしたい。というのも、(超)低音のバランスを決められないのです。

JBL LSR305 はこの価格帯では一番良いスピーカーだと思います。

ですが、5インチのウーファーでは低音を満足に確認できません。そこでもう一段階大きいスピーカーにしたいのです。

私は低音を肌で感じるほどのスピーカーは使ったことがありません。どうやら良いスピーカーだと Kick の音の違いが明確に分かるようで、その体験をしてみたいです。

狙っているモニタースピーカーは…

ネット上の情報を見てスピーカーは Genelec が良さそうだとは決めました。ですが価格的に、8030CPM、8040、8330、8340、あたりでないと手が出ません。8340も私からしたらかなりの冒険です。ペアで40万くらい。測定マイクも買うとなるともう少しお金が必要です。

8340 と共に測定マイクも買うなら、その価格の近くに 8050 があります。悩ませてくれます。


GELELEC モニタースピーカー 8030CPM 【ペア】

価格的には 8030CPM あたりがお財布に優しい…。大きいサイズのスピーカーにするという目的は満たしません。ですが音は格段によくなるでしょうから魅力的です。

後は Eve Audio、Focal のスピーカーが気になっています。

続きを読む

WordPressのセキュリティ強化のために二段階認証を導入した

WordPress はここ数年でものすごく乗っ取りが多くなっています。WordPress はWeb上でユーザーネームとパスワードを入力してログインするシステムで、誰でもそれを入力してログインを試みることができます。

WordPress は何も弄っていないとそのログインするためのアドレスも同じで、ログインの制限もないし、本当に脆弱です。

私は WordPress へのログインに失敗したら一定時間ログインをできなくするプラグインを導入していましたが、ものすごい数のログイン試行数がカウントされています。ロックアウトされた数は年間数十万回くらいです。

大して有名でない私の WordPress のサイトもそれだけの不正侵入を試みられたわけです。WordPress を導入しただけの人は本当に気をつけておいた方が良いです。

ログインに使用するユーザーネームは WordPress の構造上あらかじめ分かっています。つまり侵入者はパスワードを気にするだけで良いのです

ということで、今回 WordPress に二段階認証(二要素認証)をしないとログインできないようにするプラグインを導入しました。

Google Authenticator

二段階認証のプラグインはいくつかありますが、インストール数が多く安定していそうな Google Authenticator を導入。

f:id:arityk:20170914133845j:plain

続きを読む

吸血鬼になってしまった人たちとその周り人たちの丁寧な心の描写『ハピネス』


ハピネス(1) (週刊少年マガジンコミックス)


[まとめ買い] ハピネス(週刊少年マガジンコミックス)

最近はパニックホラーもののマンガをよく読んでいるので、正直に言うと吸血鬼になってしまうストーリーはよく見かけます。

吸血鬼やゾンビなどになってしまうものはここ数年でかなり増えたような気がしますが、今回読んだ『ハピネス』(押見修造 著)は第一印象としてはそれらの中でもかなり心情描写が丁寧

吸血鬼ものの日常描写は『東京喰種トーキョーグール』が一風変わっていて良かったです。この作品では序盤は吸血鬼になってしまった人が人間の生活にどう溶け込み、見つからないようにするのかを描いています。

東京喰種トーキョーグール』では吸血鬼(グール)は人間が食べるものはほとんど食べられません。人間のように振る舞わねばすぐに通報されてしまうので、グールになってしまっても人間の食事を表情を変えずに我慢して咀嚼し飲み込み、後でこっそり吐く、という戦略でした。

こういう吸血鬼としての新しい設定、アイディアが入っていると新鮮で楽しいです。『東京喰種トーキョーグール』は戦闘シーンも面白いですし。

一方『ハピネス』はみんなが想像する吸血鬼と同じです。血を吸われると吸血鬼になる、明るいのがダメ、血を吸わないとおかしくなる、身体能力が上がる。十字架や聖水、ニンニクなどはまだ登場していません。

日本はキリスト教などの宗教はそんなに根付いていないため、十字架などのアイテムは登場させても意味不明です。「これでも食らえ」と十字架を掲げるシーンはドラキュラなどに出てきましたが、「何で十字架が吸血鬼に効くの?」と日本人は疑問を持ってしまいます。硫酸の方が確実ですよね。

ハピネス』は吸血鬼についての新しいアイディアは含まれていないものの、吸血鬼になってしまった人々のドラマを丁寧に描いています。その分ちょっと展開が遅いです。

近しい人との丁寧なストーリー描写

f:id:arityk:20170913103838j:plain

続きを読む

飼い殺されないようにどうやって大人を出し抜くのか『約束のネバーランド』

私はミステリー系のストーリーとかパニックホラーものでないと最近は楽しめないということは何度も書いていますが、最近いくつか読んだ中でお勧めのマンガは『約束のネバーランド』です。

私のように謎を探っていくのが好きな人や緊迫したシーンが好きな人には本当にお勧めです


[まとめ買い] 約束のネバーランド(ジャンプコミックスDIGITAL)

このマンガはタイトルからちょっと想像できてしまいますが、「ネバーランド」という言葉から子供が主人公で、不吉なものを感じますね。

たぶん主人公は子供たちの中でも最年長の女の子「エマ」でしょう。子供たちは孤児院のような施設で暮らし、外界には出られないのですが楽しく暮らしています。

f:id:arityk:20170907181303j:plain

この施設には里親に引き取られて施設から巣立っていく子供もいます。

f:id:arityk:20170907181745j:plain

しかし、施設から巣立つ女の子が忘れ物をしていたのに気づき、それを届けるために後を追っていくと…

f:id:arityk:20170907181930j:plain

f:id:arityk:20170907182151j:plain

続きを読む

お名前.comから退会する方法は以前よりも楽になっている

お名前.com」はドメイン登録サービスとして国内で有名です。私も使っていました。

ここ数年は使っていません。個人情報を残しておくのは心配なので、念のため退会しておこうと FAQ を見たところ、お名前.comには退会の方法が書かれていません。

ネットを調べてみると、退会には送られてくる書類を返送する必要があって苦労したという話や、今はメールで退会できるという情報などがあり、メールになっていれば楽だなぁと試しに問い合わせてみました。

「退会方法が分かりません。教えて下さい」と。

お名前.comからの退会方法

以前はそもそも退会できなかったため、それへの批判が多かったのか、徐々に退会に関して緩やかになっているようです。

問い合わせたところ、今は下のような退会方法になっているようです。

続きを読む

メールのプライバシーを気にするならドイツのメールサーバーが良さそう

f:id:arityk:20170904172937j:plain

ZOHO Mail を使って数ヶ月経つわけですが、このサーバーから移行しようと考えています。

ZOHO Mail は非常に良いサービスで、無料で自分のドメインを設定してメールのサーバーを使わせてくれます。私の調べた限り、カスタムドメイン(独自ドメイン)に対応しているメールサービスで無料のものはたぶん ZOHO Mail しかありません。

さて、どうしてその良いサービスから移行しようと考えているかというと、遅いからです

私はメールサーバーを IMAP over SSL で使っているのですが、受信トレイや他のフォルダを開く際に同期が終わるまで数秒~10秒ほど待たなくてはなりません。

また、IMAP でサーバーにアクセスできないことがたまにあり、ちょっと不便です。ダウンタイムがあるわけです。

Forum などではよく「サーバーにアクセスできない」というコメントがありますが、ZOHO からの返信では「ログを送ってくれ」とまず言っており、ログがあった方がより良い対応ができるのはその通りなのですが、障害があったことは言いません。

ここにちょっと落胆してしまいました。サーバーの処理速度が遅いからタイムアウトしてしまっているのかもしれませんが、どちらにせよ不便です。

ドイツのメールサーバーが人気

続きを読む