読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のことを知りたい

読書習慣を付けたい。…マンガも本だよね?…バナナはおやつだよね?

初めて一眼レフを買ってから1ヶ月。鳥が現れるとポケモンが出たときみたいに興奮するように

初めてデジタル一眼レフカメラを買ってから1ヶ月ちょっとが経ちました。果たしてカメラを持ってみてどうだったかレポートをば。

初めての一眼レフに取りあえず一番安く最軽量という EOS Kiss X7 を買いました。その時の記事はこちら。

散歩で持ち始めたところ…

私は全然運動をしないのでこれはいけないと思い、散歩という名の運動の時にカメラをいつも持ち出して歩いています。何か撮るものはないか探しながら歩いています。おかげで散歩が楽しいです。

ただ私が住んでいるのは田舎の方なので撮りたいものがありません。見慣れた光景に少ない人通り。私にとっては田舎の写真は全然良いものではありません。

写真を撮るなら都会の方が撮れるものが多くて楽しいと思います。色々とイベントがありますし、動物園とか水族館とかもあるでしょう。夜も光が溢れていて綺麗です。羨ましい限りです。

私はペットショップで下の写真を撮りましたが、こういうのは水族館が近くにあれば簡単に撮れるでしょう。

500px.comのAriさんによるA goldfish faced to me casually

ちなみに写真はこれまで Instagram に投稿していましたが、500px の方が PC からのアップロードが楽なので最近はこっちに移りました。Flickr はあまり魅力を感じませんでした。Yahoo! 大丈夫かな。

田舎で撮るものがないせいか、鳥が近くに来るとものすごく興奮するようになりました!ポケモンが現れたときぐらい興奮しています

鳥を撮るのが楽しい!

野鳥を撮るのは大変です。人の住居近くにいる野鳥といっても近付くと飛んで行ってしまいます。カラス以外は。カラスは堂々としていますね。さすが。

鳥は撮影が難しいです。小さいし、早いし。カメラで撮影するとなるとかなり厄介です。

私は全然鳥の種類が分からないのですが、下の鳥は大きめでゆっくり動いてくれるので撮影しやすいです。サギ系の鳥ですかね。下はその鳥が魚を捕らえたシーン。

500px.comのAriさんによるA bird caught a fish

この鳥は大きく、こんな大きな鳥が身近にいるんだなぁと感嘆します。これまであまり実際の鳥をしっかり見たことがなく、うわーデカイ、と驚きます。

鳥は本当に綺麗です。黄や白や黒、青などの色が鮮やか。不思議な生物です。赤色がある鳥はまだ見たことがありません。近くにはいない気がします。

小さな鳥は撮影が本当に難しい。超望遠レンズで撮らないと小さすぎます。私は超望遠レンズを持っていませんので、たまたま近くに来たときにそーっと撮ることしか出来ません。

木の実などの餌が近くにある木の近くにいると、運良く鳥の方から寄ってきてくれるときがあります。

500px.comのAriさんによるA small bird came to pick at berries

上は夕方に撮影。暗い中の撮影ですが、念のためシャッタースピードを 1/2000 にして撮影。そうしたら ISO 1600(私が設定した上限値。本当はこれでも暗い)になってしまい、EOS Kiss X7 ではかなりのノイズが。でも良い感じに古めかしく写っていますね。

500px.comのAriさんによるBirds picked berries

500px.comのAriさんによるThe moment a bird decided to move

500px.comのAriさんによるA bird on the rock in the river

鳥を撮れたときは毎回「運が良かった」と思っています。私の持っているレンズでは普通は撮れないのです。近くに来てくれたときにしか鳥を撮れません。

だからこそ「早く撮らなきゃ…。でも静かに…」と興奮するのです。忙しいですが、楽しい時間です。そのまま鳥が飛び去ってしまうこともありますけれど。

野鳥を撮れるようにカメラとレンズを買おうか…いや…

野鳥撮影は写真撮影の中でもお金が掛かる分野のようです。毛が一本一本見えるような解像感で撮影したい、となるとそれ相応の機材が必要となります。

良い望遠レンズは高い。100万超え。高すぎて手が出ません。


Canon 単焦点超望遠レンズ EF800mm F5.6L IS USM フルサイズ対応


Canon 単焦点超望遠レンズ EF600mm F4L IS II USM フルサイズ対応


Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR フルサイズ対応


Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR フルサイズ対応

まあここまで高いレンズを買わなくとも、数十万ほどでプロ達が使っているレンズを買うことが出来ます。


Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2


Canon エクステンダー EF2X III


Canon エクステンダー EF1.4X III フルサイズ対応

100万超えのレンズから見ればものすごく安いです。金銭感覚がおかしくなりますね。超望遠の単焦点レンズは使いづらそうなのでズームレンズは有り難いです。

しかし、私がそこまで鳥を撮り続けるか分かりません。やっぱり止めておこうかなぁ…。

もう少し安いレンズもありますので、どうしても鳥が撮りたい!となったら買ってみます。ちなみに狙っているレンズはこれ。


SIGMA 望遠ズームレンズ Contemporary 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM ニコン用 745554


SIGMA 超望遠ズームレンズ Contemporary 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM テレコンバーターキット キヤノン用 フルサイズ対応


SIGMA 超望遠ズームレンズ APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM キヤノン用 フルサイズ対応 738549

150-600mm か、50-500mm か。50-500mm なら他の用途にも使えるズームの範囲です。150-600mm はもう完全に望遠用。鳥を撮影したいとなると100mmの差は大きいです。

また、映像素子が APS-C なカメラの恩恵があり、この焦点距離が 1.5~1.6 倍になるのです。私は Canon のカメラなので 1.6倍。600 x 1.6 = 960mm。…いいですね!

ただカメラももう少し高感度耐性があるものにした方が良さそうです。EOS Kiss X7 は暗所で ISO 1600 での撮影で上の写真の通り、こんなにもざらざらです。

検索してみると APS-C から APS-C の新しいカメラへ変えてもあまり違いが無いということらしいので、狙うならフルサイズなのでしょうか?

フルサイズはカメラとレンズの値段が倍になります。あばばばば…

なお、私が撮った写真はこちらにアップロードしています。日本人はあまり使っていないサイトかもしれませんが。