世界のことを知りたい

読書習慣を付けたい。…マンガも本だよね?…バナナはおやつだよね?

Google Play でアプリがダウンロードできない原因はダウンロードマネージャーだった

今日外で Google Play からアプリをダウンロードしようとしたのですが、エラーコード「495」のエラーが出てダウンロードできませんでした。

Wi-Fi 接続時は問題なくアプリをダウンロードできますが、モバイルデータ通信時はアプリをダウンロードできません

Google Play は Wi-Fi 接続時でないとインストールできないようにしていたような気がして設定を見てみましたが問題はなさそう。

Google Play の設定で Wi-Fi 接続 Only に設定しているのは「アプリの更新」のものでしたから関係ありませんでした。

Android OS の通信の設定をもう一度見直します。

f:id:arityk:20170218203214j:plain

Google Play はモバイルデータ通信時にインターネットへの接続を許可してあります。

うーん不思議。

Google のトラブルシューティングは試してみましたがダメ。

Play ストアの読み込みやアプリのダウンロードができない - Google Play ヘルプ

原因はダウンロードマネージャーの通信許可

Google のトラブルシューティングの中でちょっと不思議に思った箇所がありました。

Google Play のキャッシュクリア、データクリアをしてみるのは分かるのですが、どうして「ダウンロードマネージャー」のものもクリアするのでしょう…?

これでピンときて、ダウンロードマネージャーのモバイルデータ通信を許可したら無事にアプリをダウンロードできました!

f:id:arityk:20170218203612j:plain

どうやら Google Play はアプリのダウンロードにダウンロードマネージャーを使うようです

なので Google Play だけを通信許可していてもアプリのダウンロードができません。

ちょっと分かりにくいですよね。インターネットの接続がブロックされたというログを見られるならもっと早く気づけたことでしょう。

モバイルデータ通信時にアプリがダウンロードできない人はお試しあれ。

これ Google のトラブルシューティングに書いた方がいいですね…。通信事業者を疑うところでした。