世界のことを知りたい

読書習慣を付けたい。…マンガも本だよね?…バナナはおやつだよね?

Android 5 の設定に「権限コントロール」があるのを知らなかった

先日 Android 端末に権限の管理が欲しいと書いたのですが、Android 5 にこの機能が搭載されているのですね。知りませんでした。

これまで権限管理について何度か検索して得た情報は、Android 4.3~4.4 のみで隠し機能を復活させることによって可能であるという情報、そして Root を取得すればアプリごとの権限管理が可能であるという情報です。私の端末は Android 4.4 以上だし、Root を取得するのは面倒そうなので調べていませんでした。

しかし今日何気なく端末の設定を開いたら、なんと「権限コントロール」という項目を発見。

f:id:arityk:20160104172218j:plain

今回「権限コントロール」の項目を見つけたのは以前購入した Yoga Tablet 2 の10インチモデルです。端末のシステムアップグレードを行っており、Android のバージョンは 5.0.1 です。

何とこんな便利な機能が最初から付いていたのですね…。Android OS の「権限コントロール」については Google で検索しても情報がありません。みんな当たり前に使っているのか、それともこの項目があるのは Yoga Tablet 2 だけなのか。何故情報がないのかよく分かりませんが、こんな良い機能を使わない手はありません。

f:id:arityk:20160104172228j:plain

おお、すごい! アプリケーションごとに権限を管理できる…。そう、これを求めていたのです。

Skype の権限の許可状態を見てみましょう。

f:id:arityk:20160104172239j:plain

Skype をインストールしたときの状態のままです。全部許可ですね。ここで、Skype に連絡帳を覗かせたくないなら、これを「拒否する」ことが可能です。すごく便利です。

「権限コントロール」では権限単位で、許可状態を調べることができます。

f:id:arityk:20160104172246j:plain

連絡先を読めるアプリを一覧で見たり、GPS の位置機能を使えるアプリを確認したり。

しかし「端末のステータスとIDの読み取り」や「SDカードの読み書き」、その他の細かな権限などはここでは管理できないようです。これは残念ですが、連絡帳やカメラについての権限はここで管理できるので、権限の管理が無い状態に比べると随分安全です。どのアプリが権限を取得してあるかのチェックもできますし。

こんな便利な機能の存在に気づかなかったとは…。ただ願わくはもう少し細かな権限管理ができると良いですね。

スパイウェアを仕込む Lenovo 社のタブレットを使いながら言うのもおかしな話かもしれませんが。