世界のことを知りたい

読書習慣を付けたい。…マンガも本だよね?…バナナはおやつだよね?

ドコモにイライラ。ドコモ光回線の解約の電話で1時間超え。光ファイバーケーブルの劣化・耐用年数について

イライラして声を荒げかけました。何とか丁寧に話しましたが…。

f:id:arityk:20170720171910j:plain

ドコモ光の回線が契約更新月なのでこれを辞め、他社の光回線へ移るためにドコモへ解約の申し込みをしました。

疲れました。電話で1時間以上時間が取られています。しかもそのほとんどが「ちょっとお待ち下さい」「確認してみます」の待ち時間です。もうなんなの…。

こんなに時間が掛かったのは私が「今使っている光ケーブルは劣化しているんですか?」と訊いてしまったため

「○○年で交換した方がいいですよ」とか「○○年で性能が80%になります」とかという簡単な答えを期待していたのですが…。

私「今、家に引き込んである光ケーブルは10~20年使っていますが、劣化していなければ回線を再利用したい。もし劣化していれば新しく引き込もうと思います」

ドコモ①「他社で回線を使う場合、回線の即時解約ができます。ちょっとお調べします」

…10分後…

ドコモ①「劣化はその新しく契約する他社に訊いて下さい、ということになります」

私「(即時解約と劣化の話はどうなった…。10分待ってそれ?)他社が言うにはドコモさんと契約している回線には触れられないため、ドコモさんに訊くしかないです。即時解約の話はどうなりました?」

ドコモ①「少々お待ち下さい」

…数分後…

ドコモ①「うちとしましては…ドコモ光の受付担当なので詳しいことはお応えできません」

私「詳しい方に訊いて下さい」

ドコモ①「詳しいものに変わります。少々お待ち下さい」

…5分後…

ドコモ②「お電話変わりました。○○と申します。先ほどの話ですと、ドコモ光の回線の撤去工事の方に訊いて下さい」

私「(女性が出たけど…同じ受付担当の人じゃないの?)えっ、回線を撤去するか再利用をするかどうか決めるために劣化の話を訊いているのですが…」

ドコモ②「少々お待ち下さい」

私「待っていると電話が長くなってしまっていますので、メールで回答して下さい」

ドコモ②「そういうのはやっておりません」

…5分後…

ドコモ②「うちの回答としましては、新しく契約する他社の工事の方に訊いて下さいという回答となります」

私「うちっていうと…?」

ドコモ②「ドコモ光の受付担当です」

私「…今、ドコモさんと契約をしています。他社はドコモさんの光回線に触れられず、回線の再利用に関してもドコモさんと解約してから1日経たないと再利用できないと答えています。(…即時解約の話はどうなった…?)他社は回線の再利用ができなければ新しい回線を引くことになります。他社はドコモさんと契約している回線を調べることはできないです。他社がドコモさんの回線を調べるのはおかしくないですか?」

ドコモ②「光ケーブルの劣化は目で見て分かりませんか?」

私「(…はぁ?)目で見て分かるんですか?」

ドコモ②「撤去作業の時に工事の方に訊いて下さい」

私「工事の方は光ケーブルの劣化については詳しくないんじゃないですか?」

ドコモ②「…回線の速度はお調べできますが」

私「回線の速度を調べると家から基地局までのネット網経路を調べることになりますので、意味がありません」

ドコモ②「ではケーブルの劣化はどうすれば分かるんですか?」

私「それを消費者に質問するのはちょっとおかしくないですか」

ドコモ②「…回線の速度をお調べして…」

私「回線の速度だと…先ほどと同じ話になります。回線の速度で確かめるなら、劣化していないケーブルを持ってきて貰って、2本で試してみればいいかもしれませんね」

ドコモ②「…詳しいものに訊いて、後ほど折り返しお電話させていただきます」

私「いえ、ケーブルの劣化と再利用の話はひとまず置いておいて、取りあえず解約の申し込みを完了したいです」

ドコモ②「はい、担当の者に変わります」

…住所などを確認して申し込み完了…

ドコモ①「先ほどのご質問の件ですが、折り返しのお電話はいつ頃が良いですか?」

私「お調べにどのくらい掛かるんですか?」

ドコモ①「確認します。少々お待ちいただけますか?」

私「いえ、お待ちいただけません。もう1時間電話しております。では午後で」

ドコモ①「はい、分かりました」

取りあえず月末での解約申し込みだけは終わらせました。契約が更新されてしまうと解約違約金が高いですから。(ドコモ光では解約月は日割り計算されないので、月末で解約した方がいいです)

電話を終えてから、5分後に電話が掛かってくる。まだ午前中…。やっと電話が終わったと思ったのに…。

ドコモ②「先ほどの件ですが、こちらでは担当が違うのでお応えできません。全てのお客様にそう回答しております」

私「ドコモ光の受付担当でケーブルの劣化について分からず答えられないのは重々承知しています。詳しい方に訊いていただけませんか?」

ドコモ②「撤去工事の時に訊いて下さい」

私「…あの、撤去の時に訊いても意味がないじゃないですか」

ドコモ②「はぁ…」

ここでもう一度回線の再利用と劣化の関係を説明する。

私「…回線を再利用した方が工事が要らないし工事費が掛からないじゃないですか」

ドコモ②「こちらとしては…うーん…私は…」

私「受付担当ではなくて、詳しい方に訊いてお応えをお願いします」

ドコモ②「折り返しのお電話はいつが良いですか?」

私「先ほどお話ししたじゃないですか。午前中はおやめ頂きたいです」

ドコモ②「はい、すみません、確認致します」

私「お願いします」

はぁ、イライラしてしまった。書いて大分スッキリしました。担当の方たちが回線の再利用についてよく理解できないようで、実際はこの2倍くらい同じ答えを言っています。同じ話をするのが疲れる。

「少々お待ち下さい」はユーザー側がずっと待っているだけなので、かなりの時間泥棒です。担当者が調べている間、ただ待っていなくてはなりません。時間がもったいない…

電話で本人確認をしていますが、電話でもどうせ本人かどうか確定しないのだから、申し込みはWeb上でやらせて貰えませんかね? 質問と回答もメールが良い。

何で必ず電話しないと解約できないようにしているのでしょう。繋がらないドコモサポートへの電話が面倒で諦める人が多いのでしょうか。

光ファイバーケーブルの劣化について

調べてみると光ファイバーケーブルの耐用年数は10~20年あたりらしい。

上がる?下がる?どうなるFTTHの料金 - 値下げを左右する「将来需要」と「耐用年数」の論点の行方:ITpro

現在の光ファイバの法定耐用年数は10年だが,「光ファイバのスペックを考えれば,メタルの電話線より耐用年数が短いというのはあり得ない」という指摘は多い

そこで浮上してきたのが,「光ファイバの経済的耐用年数は何年が適正なのか」という議論。その指標として,最近注目を集めたのが,「光ファイバの経済的耐用年数は架空の場合で15.1年」という数字だ

上の記事は2007年のもので、ちょっと耐用年数としては情報が古い。

他の情報も見てみましょう。

冨士電線株式会社 - 光ケーブルの耐用年数

ケーブルについては目安となる数値は特に示されていないが、電力用ケーブルに比べて熱的・電気的ストレスが比較的少なく条件がよいため、光ケーブルの耐用年数は『低圧ケーブル』の条件が目安と考えられる。

[注釈: 屋外の低圧ケーブルは15~20年とあります]

よくある質問|【SEOF】SEIオプティフロンティア株式会社

Q. 光ファイバケーブルの寿命は何年ですか?

A. 光ファイバケーブルの寿命は、一般の電線、ケーブルと同様に絶縁・シース材料の劣化特性及び光ファイバの寿命を考慮し、20年程度を基準に設計されていますが、使用状態における寿命はその布設環境や使用状況により変化します。

また電力用ケーブルなどではJCSの技術資料(技資第107号より)では低圧ケーブルの布設状況が屋内、屋外(水影響なし)の場合20~30年、屋外(水影響あり)の場合15~20年とあります。

そのほかに光ファイバケーブルの布設時の張力や曲げ並びに布設後の残留応力に依存します。

下が2016年のNTT西日本の報告書。

光ファイバケーブルの経済的耐用年数の見直しに係る検討結果

2014年度末の光ファイバケーブルの建設年度別固定資産データを用い
て、撤去法にて、確率分布関数(指数関数、ゴンペルツ曲線、ロジス
ティック曲線、正規分布、指数分布、ワイブル分布、対数正規分布)に
より算出した耐用年数の推計結果は、架空ケーブルが長いもので20年
(対数正規分布)、短いもので13年(指数分布)、地下ケーブルが長いも
ので32年(対数正規分布)、短いもので19年(指数関数)であり、現行の
経済的耐用年数はその範囲内に収まっていることから、必ずしも耐用
年数の見直しが必要な状況には至っていないと考えます。

この資料に書かれている図が非常に分かりやすい。

f:id:arityk:20170720170515j:plain

つまり架空かつ屋外にある光ファイバーケーブルは大体15年くらいが耐用年数になるみたいです。

なのでうちの引き込み線の場合は、実際に劣化しているか分かりませんが、直射日光にずっと当たっているし、雨にも当たっています。ケーブルそのもの以外に部品のことも考えて新しくしておいた方がよさそうです。

光回線が流行りだした時に光回線に切り替えた人は、私のようにそろそろ光ケーブルが耐用年数を迎えると思います。ちょっと気にしておいた方が良いのかもしれません

ちなみに光ケーブルの劣化診断をしている会社もあります。東芝インフラシステムズのようにグラフで出してくれると分かりやすいですね

ドコモからの回答

光ファイバーケーブルの劣化について、その後ドコモ光の方では「答えられない」という回答がありました。

「専門のスタッフに訊いたところ、劣化していたとしても、使えているなら問題ない」とのこと。ドコモ光のベストエフォートの話と似ていて、取りあえずインターネットが使えているなら問題ないよね、というスタンスです。

私の場合はドコモ光とプロバイダがドコモnetで、1000Mbps の回線で 3Mbps(ベストエフォートの 0.3% の速度) しかでなくて以前に文句を言いましたが、ドコモにとっては「使えているなら問題ない」ようです。

これ以上追求する場合は「NTTへ連絡して下さい」とのことで、もう面倒になって切り上げました。

サポートの人がNTTへ連絡して訊いてくれればよかったのに…。ドコモ内部からなら簡単に連絡できそうなものですが。回線自体はNTTの担当なので、ドコモとしては担当ではなく回線自体の質問には答えられないということです。

ドコモが光コラボのサービスを提供していますが、ドコモは基本的にはプロバイダーとしての役割しか担当したくない。利用者は問い合わせ先が二つあって大変です。

もういいや、どうせ解約するし。NTTに電話する気力が湧かない。もう疲れたよ…パトラッシュ…。

NTTに訊いてみた

NTTに回線のことを訊いてみたときのことをこちらに書きました。